自動車の任意保険、ちゃんと入っていますか?

自動車事故って怖いですよね。
できれば起きてほしくないものです。
とはいえ、絶対に起きないとも言い切れないのが自動車事故です。
もし、自動車事故が発生した場合、どれぐらいお金がかかるのでしょうか。

最悪、死亡事故となった場合を想定します。

自動車事故により、人を死なせてしまった場合、被害者の人が残り受け取る予定だった給料などを元に、損害賠償の金額を計算していくことになります。

過失割合など個別事情により異なる場合がありますが、概ね2億円ぐらいは考えておいたほうがいいと言われています。

少なめに見積もってしまって、あとで金額が跳ね上がってしまっても困ります。
そういう意味ではこれぐらいの想定をしておくのが良いでしょう。

「自賠責で足りるんじゃないの?」
そう思われるかたもいらっしゃると思います。

これは自動車を運行する場合に加入が義務付けられている保険です。
違法なことをしていない限り、全員加入していると思います。

ちなみに、死亡事故の場合は最高でも3000万円までです。

意外と少ないと思いませんか。

もちろん、すべての事故で2億円規模になるとは限りませんが、ちょっと心もとないですよね。

そもそも、自賠責は最低限の保障しか用意されていません。

そこをカバーする意味でも、任意保険は必要なのです。

保険料がもったいない、めんどくさい。

そう思うかもしれませんが、事故はいつ起こるかわかりません。
ハンドルを握るものとして、最低限の用意はしておきたいものです。