買おうと思って行ったのに、相手にされない!

私が今乗っているのステップワゴンを購入するとき、
候補としてもう数社の同じような形の車を検討していました。
ホンダさんは、女性、しかも二人の子連れでショールームに入っても、
対応も良くセールスも親切に相談に乗ってくれました。
しかし…
他の数社は、男性の影が見えないお客には、見向きもしません。
社員教育の差なのか、そこにいた社員がそういう人なのかはわかりませんが、
声をかけてパンフレットをお願いしても
「今ありません」とか、あっても「ここですよ」とか、
まるで売る気ゼロ!
以前バツイチの友達が、
「男がいないと、ちゃんとした収入があってもアパートすら借りられない」
と言っていたのを思い出しました。
「日本はまだまだそういう風潮がのこっているんだよ」
とも。

家に戻って主人に話すとなんだかおもしろくなさそうで、
次の週は主人も一緒に行ってみました。
すると…
私の時は事務所の椅子に座って動こうとしなかった社員が、
何も言われなくてもパンフレットを持ってこちらに近寄ってくるではありませんか!
「は~?」
と声に出しそうになりました。
しかも主人は車に興味がなく、疎いので、説明されてもよくわからないのか私を呼ぶ始末。
正直、先日の対応でその会社の車は買う気が無くなっていたので
説明されても耳に入ってきませんでした。

大きい車を運転するのは男性ばかりではないし(実際ステップワゴンは私の車)、
お金の権限を持っているのも男性だけじゃないし、
車に詳しいのも男性だけではありません。

本当に不愉快な思いをした車選びでした。